トップ
地域通貨って何
参加方法
HPから参加方法
注意事項
協賛店地図





































 地域通貨 ひらりって何・・・

地域通貨「ひらり」とは、互いに助けられ支え合うサービスや行為を、地域独自の紙券などに置き換え、これを通貨としてサービス(お手伝い)や、物(商品)と交換して循環させるシステムのことをいいます。


●ちょっとした、お手伝いをしてもらったとき、「ありがとう」の気持ちを相手に渡します
●協賛商店街で商品券として、ご利用出来ます
●地域の人たちどうしの交流が広がり、ボランティア活動も、商店街も元気になります
●地域通貨には、利子がつきません、貯めずにどんどん流通させましょう。
●地域通貨は流通させることで地域が活性化します


 地域通貨の流れ・・・(例)


●お手伝いをしてもらった方は、「ひらり」の裏面に、「いつ」「だれが」「何を頼んだか」を記入して、相手の方に渡します。
●「ひらり」1枚で約30分のお手伝いが目安ですが、やりとりする「ひらり」は、お互いが話し合って自由に決めることが出来ます。
●お手伝いをしてもらった「ひらり」はこんどは、あなたが、お手伝いをしてもらった時に、相手の方に渡すことが出来ます。
●お手伝いをしてもらった「ひらり」は、長尾台商店街加盟店で¥100円の商品券として使用できます。




Copyright (c) 2006 Hirakata community  Allrights reserver